訪問介護の収入について

介護の仕事をしている方で収入に不満がある方は多いと思います。「大変な仕事なのに収入が低い」と感じている方もいるでしょう。訪問介護の仕事に転職しようか迷っているという方もいるかもしれません。転職となれば、やはり転職後の収入が大切ですよね。
訪問介護の仕事を行う際には、常勤勤務という方法もあれば、短時間労働という方法もあります。家事や育児がある方であれば、短時間労働を希望している方が多いでしょう。常勤労働の場合には、平均年収285万円。短時間労働の場合には、平均年収911万円となっています。また、訪問介護の場合には、施設勤務とは異なり平均年齢や平均勤続数も変わってきます。常勤労働の場合には、平均年齢45.7歳となっており、平均勤続年数は6.1年。短時間労働の場合には、平均年齢は53.7歳となっており、平均勤続年数は5.6年となっています。施設の勤務と比べると、かなり平均年齢や勤続年数が高いのが分かりますよね。それだけ、訪問介護の仕事は経験や知識が必要ということ。利用者に合わせて、仕事内容もフォロー方法も変わってきますから、今までの経験を生かすことが出来る職種ともいえるでしょう。
訪問介護の仕事に興味がある方は、こういった収入面も考えて希望してみてはいかがでしょうか。女性の場合には、家事や育児などと両立させたいと考えている方も多いですから、訪問介護という仕事であれば短時間勤務も可能となり、両立も行いやすくなります。資格取得者であれば、時給設定が高いところも多いですから、効率的に稼ぎたいと考えている方にとっても理想的な働き方となるはずです。

関連サイト【訪問介護士の憂鬱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です