女性訪問介護の仕事内容

介護業界で施設に勤務している方の中には「訪問介護へ転身を考えている」という方もいると思います。訪問介護となれば、施設とはまた違ったケアを行うことが出来ますから、「訪問介護の方が自分には向いているのでは?」と感じている方もいるはずです。
ここからは介護業界で働く女性達について考えました。女性訪問介護士の方はどういった仕事を任されることになるのか私と一緒に考えてませんか。まず、訪問介護というのはあくまでも自立支援のために行うサービスとなっており、利用者の方が日常生活を送れるようにサポートしていくことが目的なのです。そのため利用者それぞれの能力、状況に合わせて対応をしていくことが必要になります。当然ですが、訪問介護では医療行為は行うことが出来ません。主な仕事内容としては、食事の介助をしたり、排せつ介助や入浴介助、通院や外出時の介助、服薬介助となります。生活援助として買い物を変わりに行ったり、調理や配膳、洗濯、掃除などを行うこともあります。もちろん、これらの仕事内容は利用者の方がどういった状況にあり、どういった状態であるのかによっても変わってきますから、利用者によって仕事内容も大きく変わってくることになるでしょう。女性にとっては介助しやすい内容かもしれませんね。
女性訪問介護を目指している方は、こういった細かい介助内容も理解した上で希望しなければなりません。利用者によっては様々な状況が考えられますから、仕事の幅が広がることを頭に入れておいた方が良いでしょう。訪問介護の場合には、施設の介護と比べると利用者との距離が近くなりますから、また違ったやりがいを感じることが出来るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です