自宅でのサービス

介護認定の規定が変更になると、介護施設などで介護サービスを受けることが出来ない人が出てきます。
受けることが出来る介護サービスの内容には、要介護認定の程度によって異なってくるのです。少しの手助けがあれば、自宅において生活が出来るような人には支援サービスが受けることが出来ますし、買い物や通院の補助が必要であったり、また掃除や洗濯、炊事などの家事全般を誰かの手を借りなくてはいけない人もいます。
施設であれば職員が行うことでもあるでしょう。自宅では誰かの手を借りなくてはいけないのですが、独居であればこれも難しい問題になってきます。
このように生活に支障を感じている人は、まず近くの支援サービスに相談をして、介護認定の申請をします。認定が決まるまで数か月かかることもありますので、早めに申請をしておくと良いでしょう。そして自宅で生活することを前提に考えて、どのような補助が必要なのかを考えていきます。多くはケアマネージャーがケアプランを立ててくれますので、受けることが出来るサービスの内容や時間、日数も知ることが出来ます。
自宅で受ける介護サービスには訪問介護を専門にしているサービス業者から介護士が派遣されてきます。多くの場合、家事全般を補助することになりますので、女性が多いようです。
介護士の資格を持っていると、訪問介護といった短時間での仕事も可能ですから、資格取得を目指す女性も多いのはこのような背景も関係していると思います。では男性の訪問介護は少ないのでしょうか。それは違います。実は入浴や排泄などの介護サービスの場合、男性の手が必要であったり、女性よりも男性の介護士を希望する要介護者もいますので、男性女性を問わず、働きやすい資格ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です